店のメイン機種・看板機種の設定を狙っていく

店によっては、メイン機種(看板機種)があって平均設定を高めにして集客を図ったりします。

ということは、平均設定の高いメイン機種を狙っていけば、高設定にありつける可能性は高くなります。

店のメイン機種とは、単純に導入台数の多い機種や増台するような機種が当てはまります。

店によっては、メイン機種のシマ(設置場所)が決まっていたりしますね。

4号機 初代北斗の拳

パチスロ史上最大のセールス数(累計販売台数は約62万台)を誇る『4号機 初代北斗の拳』は、当時は多くの店がメイン機種扱いをしていて、設定狙いで大きく稼ごうと思ったら、この機種を攻略するしかありませんでした。

 

今のメイン機種といえば、ジャグラー、北斗強敵になります。(ほとんど狙ったことがない…(T_T))

マイジャグラー3

ジャグラーは不動の人気機種になってしまったので、現在同様に、今後しばらくは平均設定は高いでしょう。

ジャグラーに高設定をふんだんに使って、AT・ART機は全く設定入れていない店は多いですが、ジャグラーの扱いが上手い店は、客付は良かったりします。

 

北斗の拳 強敵

北斗強敵に関しては、通路になってしまっている店(稼動がない店)と稼働率の高い店と完全に二極化された状態になっています。

当たり前ですが高設定を入れている店が稼働率の高いような気がします。

北斗強敵をメイン機種として集客を図るのであれば、毎日半設定4半設定1くらいの配分にしても良いのではと思います。

北斗強敵のような確定演出がある機種は、リピーターが増える要因でもあると思うので、設定6を1台入れるよりは設定4を4台入れたほうがいいですよね。

あくまで個人的な意見ですが、実際にそのような店もあるかと思います。

 

バジ絆

バジリスク絆をメイン機種扱いしている店もありますが、人気機種ゆえに高設定入れていない店でも稼動率は良かったりします。

ということは、高設定入れる必要がないのではと思うのですが、人気機種ゆえにユーザーが設定を意識しているので、メイン機種扱いしている店には高設定が入っています。

残念ながら、規制により近いうちに消えていく機種なので、高設定を入れてくる店も少なくなっていくでしょう。

 

店のメイン機種は、平均設定が高い傾向にありますが、店によっては設定配分が異なるので、設定6が入っているかどうかを見極めることが大事ですね。

以上、店のメイン機種に関する記事でした。

Pocket


にほんブログ村

----------sponsored link----------

コメントを残す

このページの先頭へ