偽物語 奇数設定濃厚でひだぎ&翼出現! 

偽物語 ひだぎ&翼

はじめて触る機種の解析を見ながらの実践は、個人的にはスロットの醍醐味であると思っていますが、仕様が分かってしまうと飽きてしまいます。名機と呼ばれる機種は、打てば打つほど面白さが分かってくるのですが、なかなかそういう機種は少ないですね。

今回は、はじめて偽物語を設定狙いで触ってみました。個人的な感想ですが、名機には程遠いですね。

 

店の立ち回り

店側の高設定示唆があった偽物語を、夕方から触ってみました。

一応、この店の高設定示唆の機種は全台456だと思っているのですが、偽物語は設定4で105%、設定5で109%と高設定域は高めの機械割なので、設定4以上であれば全然打てるレベルです。

 

実践・判別推移

この機種はレア役引いて、演出に発展したら逆押しで赤7狙ってフラグ判別の単純作業。

CZの解呪ノ儀にはそこそこ入るものの全くARTに繋がらずで、CZ=コイン持ち良くなるって感じのイメージでした。

設定判別の方はボーナスの種類とボーナス中の設定示唆で、偶数、奇数は早い段階で分かってきます。

偽物語 ひだぎ&翼

設定2以上が確定する「ひだぎ&翼」が出現!

偽物語 暦

高設定示唆の「暦」も出現!

偽物語 設定判別

判別の途中結果はこんな感じ。設定3or5が濃厚!

偽物語 火憐&月火 シーツ

これは設定4以上が確定する「シーツの火憐&月火」ですが、出現率はかなり低いです。

この状況で出現していたら、ほぼ設定5になるのですが、残念ながら出現せず。

 

結果

偽物語 設定判別
偽物語 設定判別
偽物語 設定判別
偽物語 設定判別

その後、総回転2300Gほどで設定3の方が強くなったところで閉店も近いのでヤメ。

店的に設定5であったと思いたいですが、実際分からないですね。

  • 投資400枚
  • 回収0枚

ちなみにARTの初当たりはわずか1回でした…。

Pocket


にほんブログ村

----------sponsored link----------

コメントを残す

このページの先頭へ