助成金活用法!トライアル雇用奨励金申請時の注意点 雇用関係の助成金など

助成金とは「融資と違い、返済不要で国からもらえるお金」のことをいいます。

これから、起業される方は、条件が合えば助成金が貰えるかもしれないので、是非チャレンジしてみて下さい!

創業・第二創業促進補助金事務局

 

奨励金とは助成金のことで、特定の事業や研究の奨励のために、国や団体などが交付する金銭になります。

助成金・補助金を上手に活用しよう

トライアル雇用奨励金とは

トライアル雇用奨励金とは、職業経験、技能、知識等から安定的な就職が困難な求職者について、常用雇用へ移行す ることを目的に、ハローワークや職業紹介事業者等の紹介により、一定期間試行雇用した場合に助成するものであり、それらの求職者の適性や業務遂行可能性を見極め、求職者および求人者の相互理解を促進すること等を通じて、その早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的としています。(厚生労働省抜粋)

トライアル雇用奨励金

職業経験の不足等で「公共職業安定所長がトライアル雇用が必要と認めた人」を、原則3カ月間の試用期間で、その適性や能力を見極めて、常用への移行を進める制度になります。

トライアル雇用

奨励金は対象者1人当たり、月額最大4万円(最長3か月間)です。

 

トライアル雇用のポイント

これから起業される方で、元職場の人間や友人を雇う場合などは、簡単な手続きで12万円貰えるので、是非申請してみて下さい。ただし3親等以内の親族はダメみたいです。

雇用保険の被保険者資格を取得後、ハローワークでトライアル雇用併用というカタチで求人を出して、ハローワーク経由でトライアル雇用をすれば、奨励金が貰えます。他の助成金の申請手続きと比べたら、比較的に簡単なので、是非トライしてみて下さい。

ただし、面識のない人を雇う場合、仕事ができない人でも3ヶ月は雇わなければならないので、事業主にもデメリットはあります。基本は、面識のない人を雇うことになりますが、面接時に求職者の適性や業務遂行可能性を見極めることが重要です。

3ヶ月雇ったら助成金は貰えますが、仕事ができないのでさようならでは、人材育成のために使った時間や会社の成長などを考慮すると、会社にとっては不利益でしかありません。

 

トライアル雇用奨励金支給申請時の注意点

助成金の受取口座は、楽天銀行などのネットバンキングのみの銀行は対応していないので要注意です。

これは、注意事項に書いてなかったので、申請時に助成金センターへ行ったときに言われて、結局出直すハメにまりました。

 

その他、雇用関係の助成金

キャリアアップ助成金

▲有期契約労働者等(契約社員・パート・派遣社員など)に対して職業訓練を行う

企業内人材育成推進助成金(個別企業助成コース)

▲教育訓練、職業能力評価制度、キャリア・コンサルティング制度、技能検定合格報奨金制度を導入する

 

上記の助成金手続きは、私は申請したことないですが、今後やってみようとは思っています。

申請手続きが相当難しいみたいですが、助成金による見返りは大きいので、契約社員・パート・派遣社員から正社員へ途用する場合は、是非トライしてみて下さい。

はじめは社労士などに頼むのも良いかもしれません。

Pocket


にほんブログ村

----------sponsored link----------

コメントを残す

このページの先頭へ